山三交通株式会社

タクシーのご用命は 03-3647-8674
CSR

CSR

Corporate Social Responsibility

グリーン経営認証

交通エコロジー・モビリティ財団が国土交通省、全日本トラック協会の協力をえて、環境保全にたいする取り
組みが一定のレベルに達している事業者を認証しているものです。
山三交通は、H18年より、同財団の認証を受け、環境保全に積極的に取り組んでいます。

【具体的な取り組み】
(Ⅰ) エコドライブの実施
アイドリングストップ装置の導入(全車両)
(Ⅱ) 廃棄物の抑制・適正処理
(Ⅲ) 低公害車の導入
平成23年度より電気自動車を試験的に導入

組織図

タクシー防災レポート車

平成27年4月1日現在、山三交通株式会社では、3人の乗務員がレポータに選任され
防災レポート車に乗務しております。

大地震などの災害が発生した際、タクシーは現場の第一目撃者になる事があります。
防災レポート車は車内に緊急電話を搭載し、被害現場の生の状況を東京都災害対策本部及びマスメディアを通じ、
提供する事で、都民の生命と財産を災害から少しでも守ることを目的に発足しました。

タクシーこども110番

squareタクシーこども110番とは?

最近「こども」が凶悪犯罪に巻き込まれる事件・事故が多発しています。「こどもたち」を守るため、警視庁・東京都の協力を得て「タクシーこども110番」の取り組みを平成18年4月26日より始めました。
24時間走り続けるタクシーの特性を活かし、犯罪に巻き込まれやすい「こどもたち」の安全を確保することに努めます。
怖い目にあったり、あいそうになったら、タクシーに助けを求めることを「こどもたち」に教えてあげてください。

タクシーこども110番

square表示ステッカー

「こどもたち」に分かり易い目印として、左右リアプラー(後ろタイヤの上辺り)にステッカーを貼っています。ステッカーの左側に警視庁マスコットキャラクターのピーポくんが描かれています。

表示ステッカー

square活動内容

子供の保護

「こども」の保護

「こども」をタクシー内に保護し、落ち着かせます。

「こども」から事情を聞きます。

警察への通報

警察への通報

「こども」から事情を聞いた内容及び現在地等を警察に通報します。

安全の確保

安全の確保

警察からの指示に従い「こども」の安全 の確保に努めます。

事件に巻き込まれそうになった「こども」が助けを求めてきた場合、上記のような対処を迅速に行います。また、お客様がご乗車の場合は、ご協力お願いいたします。

pagetop