山三交通株式会社

タクシーのご用命は 03-3647-8674
代表インタビュー

代表インタビュー

Representative interview

代表取締役社長秋山 利裕さん

代表取締役社長

秋山 利裕

Toshihiro Akiyama

代表取締役に就任するまでの経緯を教えてください。

大学を卒業して食品メーカーに就職しました。それから27歳で当社に転職し、総務部などで仕事をしていました。しかし、30歳になった頃から社長である父と意見が合わなくなってきました。当時はタクシー会社だけでなく、旅行代理店やバイオテクノロジー関係、映像プロダクションなど手広く事業を展開していました。私にはそれぞれに無駄と思える部分があったのですが、父はなかなかそのことを受け入れようとしませんでした。そこでいったん会社から距離を置こうとアメリカへMBA(経営学修士)取得のために留学しました。31歳のときです。
留学期間は約2年半でした。MBAを取得して帰国するとほとんどの会社が予想以上に傾いていました。それぞれの会社の赤字額を合計すると20億円を超えていたのです。当時の売上高が32~33億円くらいですから、かなりの額です。そこでこのままではすべての会社がもたないと、35歳で当社をはじめとする関連会社の代表取締役に就任しました。まずは各会社の役員を一新し、合併・売却を行いました。その結果、3年で黒字化することができました。

代表取締役社長秋山 利裕さん

若い頃の経験で今でも印象に残っていることはありますか?

アメリカでの留学経験は公私ともに非常に刺激的でした。特にパソコンと英語の勉強に苦労したことが印象に残っています。海を渡ったのは1990年です。ウィンドウズ95の発売前ですから、日本ではほとんどパソコンが普及していませんでした。ところがアメリカのビジネスシーンではパソコンを使っての表計算やワープロは当たり前となっていました。日本でパソコンに触ったこともなかった私は、当初その講義についていくことがまったくできませんでした。
そこで学んだことが「自分のことは自分でやる」。つまり自己責任の精神です。アメリカは日本と違って、黙っていたら誰も手を差し伸べてくれません。一方で、大きな声で「Help me」と主張すれば助けてくれます。アメリカでは、大学の教授をはじめ、ホストファミリー等本当に多くの人達に助けられました。
また、留学のときは、すでに結婚していたので妻も同行しました。そこで勉強の合間にクルマでいろいろなところへ旅行に行きました。なかでも帰国の途中でガラパゴス島に寄ったことはいい思い出です。

代表取締役社長秋山 利裕さん

プライベートの過ごし方を教えてください。

以前、旅行代理店の経営に携わっていたこともあって、国内外を問わず旅が大好きです。今まで20か国以上を旅行しました。印象深いところと言えば、妻と娘と三人でプーケットの田舎を自転車でのんびりと走ったことですね。鮮やかな緑の田園が本当にきれいでした。あと、西表島の河口をカヌーで漕いだことも忘れられません。マングローブの森を水上から見上げるのは新鮮な経験でした。今度は中東に行ってみたいと考えています。

代表取締役社長秋山 利裕さん

タクシー業界が他業界と違うところは
どのようなところですか?

何といっても完全実力主義というところです。年齢、性別に関係なく収入は自分次第。入社1年でトップになることも十分可能です。年収1000万円も夢ではありません。とはいえ、トップになる人の特徴は以前とは変わってきています。今までは長時間労働=高収入という図式が成り立っていたのですが、最近のトップドライバーには様々な要素が求められています。マーケットの分析力も必要です。曜日や天候、景気によってお客様のいる場所は細かく変化します。より多く稼ごうと思えば、TPOに合わせて営業方法も変えなければなりません。2020年には東京でオリンピック・パラリンピックが開催されるので、語学力や介護のスキルなども必要になるでしょう。タクシードライバーと聞くと体力勝負と思うかもしれませんが、実はホテルなどのサービス業に非常に近いものがあります。したがって、体力があることに越したことはありませんが、同時に情報収集力やコミュニケーション能力といった総合力がある人が上にあがっていく傾向があります。

代表取締役社長秋山 利裕さん

現在のタクシー業界についてどう思われますか?

タクシー業界は今、100年に一度の変革期と言われています。その理由として、まず挙げられるのがアメリカ発祥のUBER(ウーバー)です。これはスマートフォンのアプリでタクシーを呼び、スマートフォンで支払いを済ませる新しい形態のサービスです。日本では様々な規制があり今のところ一般的になってはいませんが、海外では爆発的に普及しつつあります。こちらも近いうちに規制緩和によって国内でも普及してくるでしょう。次にクルマの自動運転です。そのため、いずれタクシードライバーは不要になる?と懸念されています。このような背景から従来のタクシーは衰退していくと思う人もいるはずです。しかし、そのようなことはありません。タクシーを利用する人のなかには、観光目的の人や体の不自由な人も多くいます。ドライバーのいない自動運転のタクシーやUBER(ウーバー)では、これらに対応できません。したがって、サービス業としてのスキルを持つドライバーならば今まで以上に差別化が図ることができるのです。これはビジネスチャンスでもあります。

代表取締役社長秋山 利裕さん

今後、どのような会社にしていきたいか
将来のビジョンをお聞かせください。

地域密着型のビジネスを構築したいと考えています。具体的には生活弱者にやさしい会社にしたい。今でも小さな町では一つのタクシー会社で普通乗用車からマイクロバスまで所有して、お年寄りの買い物や病院の送り迎え、団体旅行などに利用されているケースがあります。しかし、これを渋滞や人件費の高い都会で展開するのは無理があります。だから、たとえば警備会社と提携して体の不自由な方が家でボタンを押したら、近くを走るタクシーが様子を見に行くといったようにIT技術を生かしたサービスを提供できれば、と考えています。このようなサービスは自動運転技術では実現できません。

代表取締役社長秋山 利裕さん

会社としてどのような人材を求めていますか?

積極的で目標のある人に来てほしいと思います。たとえば、人が喜ぶことをすることを自ら考え実行できる人ですね。それにはタクシー業=サービス業という理解が必要です。今までは体力勝負で、お客様を乗せてとにかく長い距離を走ること、そして事故をしないことが良しとされてきました。しかし、最近のお客様は質の高い接客に慣れています。今までのやり方では選ばれません。それにこれからの安全は、自動ブレーキなどクルマの方で確保してくれるようになります。ならばドライバーは接客サービスに注力して、指名される人になってほしいと思います。もちろん、入社する前の時点で高いスキルは求めていません。ただ、入社したからには、何か得意分野を身に着けてほしいと考えています。それは語学でも介護でもコミュニケーション能力でも、お客様の満足に役に立ちそうなものなら何でも構いません。会社はそのための資格取得などのキャリアアップに補助金を支給しています。得意分野を作ることは、その後の目標達成にも必ず役に立つはずです。私たちの会社は、入社したら定年までいてほしいとは考えていません。お金を貯めて飲食店をオープンさせたり、世界中を旅行するのもいいでしょう。たとえば、半年働いて、1カ月旅行に行くことを続けるライフスタイルも応援します。皆さんの目標を実現するためにドライバーとして活躍してもらえるなら、こんなにうれしいことはありません。

代表取締役社長秋山 利裕さん

奨学金を受けている学生に一言

2015年の大卒の初任給は平均20万2000円です。しかし、私たちの会社でタクシードライバーになれば、入社してすぐに35~40万円稼ぐことも十分可能です。
奨学金は、できる限り早く返済して次のステップへ移るのが得策ではないでしょうか。最低3年間ドライバーを続ければ次のステップが見えてくるはずです。

代表取締役社長秋山 利裕さん
pagetop